DATA

都市でのシングルライフの現状を分析するとともに、
アンケートにより実際の声を集めました。

INTERVIEW

実際にマンションを購入した方にヒアリング!

新日鉄興和不動産株式会社が供給したマンションで、
1LDK間取りを購入した方に、購入までのきっかけや経緯、
住まいごごちをWEBアンケートと対面調査の
2つの方法でヒアリングを行いました。

WEBアンケート調査概要

  1. 1. 調査対象:新日鉄興和不動産株式会社が過去供給した分譲マンション入居者(一部)
  2. 2. 調査実施日:2017年9月
  3. 3. 対象者数:首都圏 男女43名

対面調査概要

  1. 1. 調査対象:新日鉄興和不動産株式会社が過去供給した分譲マンション入居者(一部)
  2. 2. 調査実施日:2017年9月~10月
  3. 3. 対象者数:首都圏 男女11名

RESULT

結果

Q1. 現在のお住まいを購入するきっかけは何ですか

  1. 1位:資産形成をしたいと思ったため 28%
  2. 2位:賃貸住宅・寮の更新期限が近づいたため 25%

REAL VOICE

お客様の声

Aさま 30代女性
賃貸の方が良いという考え方も多く聞くが、投資の一つとして捉えれば、借金をしてでも自分の資産になるのは大きい。
節税効果もあるので分譲にした。

1LDKは購入後、賃貸に出す方も多く、資産形成を考えた時が1位となりました。
Q2.以前のお住まいと比較して改善された点は何ですか?

  1. 1位:広さ 31%
  2. 2位:セキュリティ 25%
  3. 3位:収納量 11%

REAL VOICE

お客様の声

Bさま 40代男性
元々30m²くらいに住んでいたので、広くなった。

Dさま 30代女性
早く帰ってきたいと思うようになり、趣味も増えた。自分の時間を大切にすることができるようになった。

賃貸や実家と比較して改善された点の1位は広さでした。
3位には収納量もあがり、「広さ」のゆとりを手に入れた人が多い様子。セキュリティなどの仕様設備の部分も、スペックアップしていると感じた人が多いよう。
Q3.現在のお住まいを購入する際に誰かに相談しましたか?

  1. 1位:親・子・親戚 42%
  2. 2位:友人 21%
  3. 3位:住宅相談カウンター 12%

REAL VOICE

お客様の声

Eさま 40代女性
家族や賃貸業者、職場の同僚に相談しました。

Fさま 30代男性
価格に悩んだので、無料のFP相談に行きました。

住まいを購入する際、約8割の方が誰かに相談している結果となりました。一生物の買い物をするには、一人で決めかねる人が多いよう。特に、身近にいる相談相手として、両親や親戚に相談するという人が全体の42%を占めました。訪問調査でゆっくりお話を伺うと、身近な人には相談してなくても、FP等専門家の相談セミナーを活用している人もいました。

SUMMARY

まとめ

購入者の方へWEBアンケートをした結果、みなさんがどのような想いでマンション購入に踏み切ったかが良くわかりました。特に、元々のお住まいからの改善点に「広さ」や「セキュリティ」などスペックの部分を挙げて頂き、住環境が良くなったことが伺えます。訪問調査で実際にお部屋をのぞかせていただくと、限られた面積でも工夫しながら生活されている方や、趣味や自分の好きなものを揃えて暮らしている方がいました。
次は、訪問調査でわかったリアルな皆さんのお部屋の使い方を
大公開します!お楽しみに!

PAGE TOP