MADE FOR BEAUTY

“美への想い”に、一つ一つの回答を。

「Plus Be@uty」プロジェクトを通じて
女性たちの声から見えてきた住まいへの願いや不満を解消するために
@cosmeとともに、住まいの設備・仕様を検討しました。
日々のさらに快適さを高めながら
住まう方々の美しさをサポートする数々の工夫とアイディア。
そんなアイテムたちをご紹介します。

心ゆくまで楽しみたい自分の時間ですが、3人に1人は「時間が足りない」と感じているそう。
毎日の家事や通勤などは“時短”でスマートにやりくりして、もっと時間を充実させましょう。

毎日の工夫で美容のための時間を上手につくる“ながら美容”派が多数!
テレビを観ながらメイクやスキンケアができるアイディアなどが住まいにあったら嬉しいですね。

肌にとって大敵となる紫外線や睡眠への意識の高さがうかがえますね。
リビングの紫外線対策や熟睡できる環境づくりが住まいに求められています。

洗面室やリビング・ベッドルームなど、使い分けながらメイクされる方が多いようです。
大切なのは明るさやメイク用品の収納のしやすさ。使いやすいスペースを確保したいものです。

上手なメイクは場所選びから。しっかり選んで工夫されているようですが、時にはトラブルも。
仕上がりをチェックするメイク場所の照明には失敗談が多く集まりました。

収納のスペースや整理のしやすさにつながる機能性には不満の声が数多く寄せられました。
洗面化粧台の収納についてコメントが多かったのも、メイク好きな方々ならではの結果でした。

PAGE TOP